西郷隆盛に学ぶ、敬天愛人フォーラム21

トップページへ
西郷隆盛に学ぶ 『敬天愛人フォーラム21』
西郷隆盛
西郷隆盛と敬天愛人その教えを学ぶ
西郷隆盛を称えた先人

■ 西郷家の家紋と遺族
 

西郷家の家紋

 明治天皇は深く南洲翁の士気人物を愛し給ひ、明治の初年、上の如く16瓣の菊花を中央に 、左右2枚葉を以って相せる紋章を「以後これを家紋とせよ」と下賜されました。

南洲翁夫人「糸子」

 晩年のもので71才の時の写真

西郷寅太郎習志野収容所長・陸軍大佐)

明治天皇深く南洲翁の偉勲を偲び、明治35年侯爵を授け賜った。
大正7年(1918)11月、第一次世界大戦はドイツの敗北。そして、うちひしがれる習志野のドイツ兵をあざ笑うように、スペイン風邪が襲いかかってきたのであった。12月に最初の死者が出て、次の犠牲者は西郷所長であった。大正8年1月1日、朝から高熱を出していた西郷所長は医師が止めるのも聞かず、乗馬で収容所へ向った。年頭のあいさつとして敗戦の衝撃に沈んでいるドイツ兵を励まし、この新年が彼らにとって帰国の年となることを伝えようとしたのである。あるドイツ兵は、所長の死亡はこの日の午後4時であったと、敬意を込めた墓碑銘のように記している。享年54歳

元京都市長

 西郷菊次郎氏家族。大正15年の夏撮影 。


西郷菊次郎と琵琶湖疏水事業


西郷吉之助

 南洲翁孫、元法務大臣。左は家族。大正15年夏撮影 。

西郷家家系図

西郷南洲翁大畫集より

 

▲ ページTOPへ

 

  TOP会員募集中リンク集日記運営者紹介ご意見・ご感想お問合わせ
                クレジットカードもショッピング枠現金化

サイト内の文章の無断掲載・転載・引用は堅く禁じます。  Copyright(c) 2004-2005  All rights reserved. 西郷隆盛に学ぶ 『敬天愛人フォーラム21』