西郷隆盛に学ぶ、敬天愛人フォーラム21

トップページへ
西郷隆盛に学ぶ 『敬天愛人フォーラム21』
西郷隆盛
西郷隆盛と敬天愛人その教えを学ぶ
西郷隆盛を称えた先人

■ 増田 宗太郎(ますだ そうたろう) - 西郷隆盛を称える先駆者の辞 -

増田 宗太郎
(ますだ そうたろう)

 福沢諭吉の再従弟でもあったので、のちには慶應義塾で洋学を学んだこともある。享年28歳。

 「私は城山に来てはじめて西郷先生に接し、それ以来景慕の情を禁じ得ないのだ。1日先生に接すれば1日の愛があり、3日接すれば3日の愛がある。だから先生の許しを去るに忍びない。先生と死生を同じゅうするほかないのだ」

 こういい終わった増田が滂沱たる涙を拭こうともしないのを見て、同志の者たちも皆嗚咽し、言葉を失ったという。増田は生来眉目秀麗、女にもみまがうばかりの美男子で、幼少の折から渡辺重石丸の門に入って皇漢の学を修め、尊皇攘夷の志が固かった。明治7年(1874年)佐賀の乱に際しては、有志の士数百名を集めて江藤新平に投じようとしたが間に合わず、土佐立志社の板垣退助とも親交があったといわれている。

▲ ページTOPへ


  TOP会員募集中リンク集日記運営者紹介ご意見・ご感想お問合わせ

サイト内の文章の無断掲載・転載・引用は堅く禁じます。  Copyright(c) 2004-2005  All rights reserved. 西郷隆盛に学ぶ 『敬天愛人フォーラム21』