西郷隆盛に学ぶ、敬天愛人フォーラム21

トップページへ
西郷隆盛に学ぶ 『敬天愛人フォーラム21』
西郷隆盛
西郷隆盛と敬天愛人その教えを学ぶ
西郷隆盛を称えた先人

左宗棠( さそうとう)) - 西郷隆盛を称える先駆者の辞 -
 「貴国は非常に惜しい宝物を失った」
左宗棠は清朝末期の著名な大臣。太平天国
の鎮圧に活躍し、洋務派官僚としても有名


西郷先生を殺したことは、我が国のアヘン戦争の毒を蒙ることより大きい。
左宗棠が西郷が死んだ後に、ある日本人に語った挿話です。

左宗棠はロシアに対する陸上の備えの重要性を主張する塞防派の代表格であり、海防派の代表格である李鴻章とは政治的に対立関係にあった。清朝の重臣として軍機大臣、両江総督、南洋大臣、東閣大学士の要職を歴任し、清仏戦争では欽差大臣としてフランス軍との和議を成立させている。
左宗棠は
張之洞、 曽国藩、李鴻章、とならんで、「四大名臣」とも称される 。

▲ ページTOPへ


  TOP会員募集中リンク集日記運営者紹介ご意見・ご感想お問合わせ

サイト内の文章の無断掲載・転載・引用は堅く禁じます。  Copyright(c) 2004-2005  All rights reserved. 西郷隆盛に学ぶ 『敬天愛人フォーラム21』