西郷隆盛に学ぶ、敬天愛人フォーラム21
トップページへ
西郷隆盛に学ぶ 『敬天愛人フォーラム21』
西郷隆盛
西郷隆盛と敬天愛人その教えを学ぶ
西郷隆盛を称えた先人

龍野定一 日本一の教育者

世に多く見うける銅像や記念碑などは、誰でも知友や門下生などが建立しようと思えば、いつでも建てることができますが、わが日本民族特有の名誉ある神として祭るということは、一般国民が心から敬慕し、納得して尊敬して信仰するに足りるものがなければ、できないのであります。

 

しかしならば、松陰先生と南洲翁、乃木大将と東郷元帥に共通して、他の名将賢臣よりも一段と優れており、一般国民が納得し、敬慕信仰して神と祭るに至った者は難であろうか、こう考えると、何よりもまず日本民族の伝統の特質である「無私無欲、険素な生活」に徹して国家民生の為に一身を捧げたことではありますまいか?松陰先生が・・かくすれば かくなるものと 知りながら やむにやまれぬ 大和魂と詠まれ。南洲翁が・・命いらず、名もいらず、官位も金も要らぬ人は、始末に困るものなり。この始末に困る人ならでは、艱難をともにして国家の大業は成し得られぬなり。といわれたように、全く私利私欲を棄てきってしまって道に立ち、一身を国家国民の為に捧げ、その職分を全うした「まごころ」「まこと」の精神に徹した点にありますまいか?。

 

乃木将軍は松陰先生の流れをくみ、東郷元帥は南洲翁の教えを受け、たしかに南洲、松蔭、乃木、東郷は同じ道にたち、私心を去り、真に日本国の忠臣として一身を捧げ、「目に見えぬ神の心に通づる人の心の誠」の持ち主であります。ただ、万物創造の神と申すか、この世の総てのものを生みたまい、育てたもう育て心通づる日本民族の親心に到っては、南洲翁に多くこれを見ることができ、それだけ南洲翁が一歩も二歩も抜きんでていると考えるべきではありますまいか?。  龍野定一「日本の心」より

厳訓無処罰の教育

それは寄宿舎で級長Aが同室の級友Bと口論し、相手の下腹部にナイフを突き刺した事件である。教頭初め幹部職員は、校長に連絡するどころか、負傷者を医者に診させることすらせず、ひたすら外部に洩れることのみ恐れて、むしろ校長の無処罰撤回の好機とさえ密議していた。これを知った龍野校長は、自ら医者に電話して直ちにB を病院に運ばせ、また警察に報告連絡して、一切の処置を学校に一任するよう頼み込み、諒解をとりつけた。そして、刺したAに、Bの入院中は学校を休んでよいから病室に付き添うよう命じたのである。校長自身も、時間の許す限り付き添い、共に看護に当たりながら、Aにいろいろと教え諭した。級友の痛み苦しむ様子を目の当りにして改めて自分の行為を深く反省したAは、誠心誠意の看護を来る日も来る日も続け、またBは、級友が学校を休んでまで自分の世話をしてくれることに感激し、退院時には二人は無二の友となった。最初は反目し合った双方の親も、これを見て、一方が怪我をさせた詫びを述べれば、他方は献身的な看護に感謝するという、事件の発端では想像も出来ないような光景が展開された。そしてさしもの職員会議でも、ついにA に対する厳罰要求の声は鳴りをひそめたのであった。禍転じて福となすとは、まさにこのことであろう

▲ ページTOPへ


  TOP会員募集中リンク集日記運営者紹介ご意見・ご感想お問合わせ

サイト内の文章の無断掲載・転載・引用は堅く禁じます。  Copyright(c) 2004-2005  All rights reserved. 西郷隆盛に学ぶ 『敬天愛人フォーラム21』