サイト内の文章の無断掲載・転載・引用は堅く禁じます。

Copyright(c) 2017 All rights reserved. 西郷隆盛に学ぶ 『敬天愛人フォーラム21』

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

西郷隆盛銅像120年祭及び西郷隆盛生誕祭(191才)西郷隆盛銅像建立120年及び西鄕隆盛生誕(191才)祭 平成30年12月2日(日) 西郷隆盛銅像建立120年及び西鄕隆盛生誕(191才)祭 平成30年12月2日(日) ​ 上野の西郷隆盛銅像建立120年と西鄕隆盛生誕191年祭が、東京・上野公園の西郷隆盛銅像前で、西鄕隆盛に学「敬天愛人フォーラム21」内弘志代表世話役の主催で、12月2日(日)に行われました。関東鹿児島県連合会の皆様、西郷家の親族、勝海舟の玄孫、鹿児島県知事の三反園訓、台東区長の服部征夫、旧荘内藩の鶴岡市東京事務所長など約300人が参加しました。 ​  明治31年12月18日、当日、公園入口には紅白国旗をひるがえし、式場を銅像の周りに設け、憲兵、巡査等之を警戒して、午前9時頃より、来賓続々来たり、10時より建設委員長の樺山白の報告有り、次に川村伯の次に山縣有朋内閣総理大臣の祝辞有り次に、川村伯は勝海舟の和歌を朗読し、尚、昔江戸100万人の市民が戦争の被害に遭わずに済んだのは全く二勇(勝・西郷)の力なり、今や幽明(あの世とこの世)所を異にするも両雄一場合す、勝伯の心事深く察すべしと述べられた。この時、西郷侯爵令嬢の手によって、幕が開かれたり、場内は拍手喝采の声枠が如し。 ​

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事