top of page
btcdw.png

どうなる日本・どうする日本・今こそ西郷隆盛に学ぶ

 

『敬天愛人』この思想民主主義以上の世界最高のものであり、

人道として国民として実に千古の大教典である。

 敬天愛人フォーラム21では、全国的に、心ある同士を集い、西郷隆盛が目指した道徳、道議に基いた「敬天愛人」の教えを実践し、また、日本国憲法の精神に照らし、崇高な理想のもと、日本人として、アイデンティティーを持ち、全世界の恒久の平和を念願し、達成する事を目的とします。社会に貢献し、夢や希望その他の価値観を共有出来る会を目指します。

 西郷隆盛は、遺訓集の中で、万民の上に立つ者は、己を慎み、品行を正しくし、驕奢(きょうしゃ)を戒め、職自に勤労して、人民の標準となり、国民がその勤労を気の毒に思うようでなければ、良い政治は出来ない。また、会計出納は政治の中心なり、収入をもって、支出を制する、その他の方法はない、文明とは道徳に基き人が、人として正しく行動する事であるといっております。

​ 

a.png

西郷隆盛生誕祭(195歳)
令和4年12月4日(日)
​上野公園

 

a.jpg
b.jpg
288054054_5188458427869934_3333971117630085551_n.jpg

見出し h2

毎月第2日曜日の清掃(9時~10時


​   西郷さんの教え

 税金を少なくして、国民生活を豊かにすることこそ、国力を高めることになる。
 無理やり国民から税金を取り立てる
から、人々は苦しみ、堪えかねて税の不当な取りたてから逃れようと、自然に嘘いつわりを言って、お互いに騙し合い、役人と一般国民が敵対して、終には、国が分裂して崩壊するようになっているではないか。

 会計出納(金の出し入れ)は、すべての制度の基本であって、あらゆる事業は、これによって成り立ち、秩序ある国家を創る上で最重要事であるから
、慎重にしなければならない。その方法を申すならば、収入の範囲内で、支出を押えるという以外に手段はない
​ 支出を優先して考え、それに合わせ収入を計算すれば、結局国民から重税を徴収するほか方法はなくなるであろう。

​渋谷おはら祭で

内さん.png

DSCF7202.JPG

開催プログラム

平成28年の西郷隆盛生誕祭ダイジェスト映像をご覧ください。

30708097_1664094996972979_7989276921663848448_n.jpg

   西郷隆盛の志を後世に
  西郷隆盛に学ぶ「敬天愛人フォーラム21」
     代表世話役 内 弘志

1
2
bottom of page